大切なゲストの送迎はハイヤーで

遠くから来る大切なゲストをお迎えしなければいけないシーンも時にはあるでしょう。しかし、飛行機でゲストがくる場合は空港まで迎えに行くのが迎える側の基本です。飛行機は国内であっても遠方からくる際に利用しますし、場合によっては海外から日本に来るという方もいます。しかし、車を持っていなかったり人数的な都合で自家用車での送迎が厳しい場合もあるでしょう。そういったゲストを迎えるにはどうしたら良いのか困っている時にはハイヤーという選択肢もあります。ハイヤーの場合は、会社の方でさまざまな車のタイプを用意しているため、ゲストの人数に合わせて車種を決められる点がメリットです。安心してゲストを迎える体制を整えることができるので失礼なく送迎をすることが可能です。

また、外国からゲストを迎える時には、相手が日本語が話せない人の場合、コミュニケーションの面でも不安を感じます。しかし、ハイヤーのサービスを提供する会社で空港までの送迎も請け負ってくれるところは、英語を話せるスタッフもいるということが多いです。英語を話すことができればゲストとのコミュニケーションもしっかりとることが可能なので迎えに行ってトラブルになるということもないでしょう。さらに迎えに来たことが分かるようにネームボードを持って迎えに行ってもらえるため、スムーズに合流をすることもできるでしょう。外国人のゲストを迎える際にハイヤーのサービスでも不安を感じる場合はこの方法を選択すれば確実です。

このようなサービスを利用する場合は、時期によっては料金が高くなってしまうこともあります。特に大型連休というのは観光客など遠くから人がやってくることが多くなります。そのため大型連休にハイヤーのサービスを利用しようと思う人もいるでしょう。大型連休の場合は、空港の駐車場が混みあっていることも多く、ミートスタッフ代金を請求されることもあることは覚えておくと良いでしょう。そして、混み合う時期はハイヤーの予約も取りづらくなるため、早めの手続きが大切です。

それに加えてフライトが早まるなどして、ゲストが早く到着してしまった場合はゲストの方にその場で待っていただくこともあります。そのようなトラブルに備えて、依頼者の方とゲストの方でしっかりと情報を共有したうえでスムーズに合流できるようにしておくとより安心です。また、ハイヤーを依頼後のキャンセルは、キャンセル料が発生することがあるのも理解して利用しましょう。